合同会社アイディペンデントうららロゴ画像

- 読み込み中 -

合同会社アイディペンデントうらら

           トップブログお札とユニバーサルデザイン

お札とユニバーサルデザイン

視覚障害者の方は、持っているお札が千円札なのか一万円札なのかといった紙幣の判別は当然ですが視覚ではできません。そこで、券種により紙幣の横幅や紙幣にあるホログラムの有無や形が違うなどの差が設けられています。

たとえば、紙幣の横幅は一万円札が最も広く、五千円札、二千円札、千円札と、額面が下がるのに合わせ狭くなっていきます。また、ホログラムは一万円札と五千円札にしかなく、かつ、その形は一万円札が円形、五千円札が四角形と異なっています。これらを手がかりの一つにして視覚障害者の方は紙幣を判別しています。
しかし、紙幣が劣化したり汚れたりしている場合、また、視覚を失ってから間もない方の場合には判別が難しい事態が発生します。

そこで、国立印刷局は、動画データを用いることで、たとえ、紙幣にしわや汚れがあったり、紙幣が折り込まれていたりしている場合でもより簡単、正確に紙幣の真贋と券種を判別できる技術を開発しました(特許第5315581号、※1)。
この技術の一部とスマートフォンの動画機能を組み合わせたアプリケーションがiPhone向けアプリケーションとして公開されています。「言う吉くん」というアプリケーションです。

https://www.npb.go.jp/ja/intro/ninsiki/iukichi/index.html
(言う吉くん)

この「言う吉くん」を起動すると紙幣の一部をかざすだけですぐに券種を判別して「一万円札です」などと音声で教えてくれます。無料のアプリケーションですのでiPhoneをお持ちの方は気軽に試せます(※2)。
今後ウェアラブルカメラなどとも連携すればさらに使いやすくなることが期待できます。

スイカなど電子マネーのチャージや切符の購入などの際、自動販売機に紙幣を何度差し入れても戻ってきてしまうことがありますよね。私は日頃の行いが悪いのか急いでいるときに限ってこの現象がよく起き、やきもきすることが多いのですが、これは紙幣の向きではなく、視覚障害者の方が紙幣の判別に困るのと同じで、紙幣の劣化や汚れが原因です。もしこの技術が広がり、自動販売機にも採用されればそのような問題はなくなりますね。また、この技術は、紙幣以外、たとえば入場チケットや運転免許証などにも使えますから、コンサート会場などの円滑な入場整理に応用可能ですね。まさに視覚障害者の需要から生まれた、視覚障害者以外の人々にも役立つ技術です。

—-
※1 詳細をお知りになりたい方は特許庁の開設した検索サイト
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/tokujitsu/tkbs/TKBS_GM101_Top.action
の「特許公報・公告特許公報」欄に
にて「5315581」と入力して検索してみてください。
※2 独立行政法人国立印刷局ホームページ
http://www.npb.go.jp/ja/intro/ninsiki/iukichi/index.html